龍は実在するの?空飛ぶ龍が肉眼で見えちゃった私の場合

龍の置物 スピリチュアル私の場合

龍神ブームが起こって以来、龍に関心を持つ人が増えましたよね。

今でも本屋さんに行くと、龍に関する書籍がたくさん並んでいます。

あなたは龍は本当に実在すると思いますか?

それとも、想像上の架空の生き物だと思いますか?

私は龍神ブームが来るずっと前に、空を飛ぶ龍を見てしまいました。

私が突然空飛ぶ龍が見えてしまった、そんな体験についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

<その他のスピリチュアル体験はこちら>
私のスピリチュアル体験オーラ芳香現象チャクラ龍や座敷わらしも

龍は実在するの?

神社の手水舎の龍の彫刻

龍と聞くと、どんなイメージがありますか?

ちょっと怖いイメージでしょうか?

それとも全く興味もないでしょうか?

私は元々スピリチュアルなことには関心があって、20代の頃から自分なりに探求してきました。

「人は死ぬとどうなるんだろう?」「なぜ生まれてきたんだろう?」そんなことを考えては、答えを求めて本ばかり読んでいました。

でも私が20代の頃、今から10年以上も前には、まだ龍神ブームも起きていなくて、龍については考えたこともありませんでした。

干支の十二支に入っている空想上の生き物、その程度の認識ですかね。

そんな10年以上も前のある日、こんな出来事があったんです。

私の理解を超えた出来事

ある日、道を歩いていたら、遠くの空の雲の近くを何かが飛んでいたんです。

雲の位置的に考えると、私がいる場所からはかなり距離があることが分かります。

そこを細長い何かくねくね動く生き物が、下から上へ向かって、くねくねくね…と飛んでいました。

んっ?

じっと見ていると、その空飛ぶ生き物は、上へ上がって行ったかと思うと、雲の後ろ側へ入り込んで行って、見えなくなりました。

・・・??

私は意味が分からなくて考えました。

まず、距離的にいうと、その空飛ぶ生き物が入って行って見えなくなった雲は、近くの雲という訳ではなく、だいぶ遠くにある所の雲だったんですよ。

ということは、かなり巨大な生き物でないと、私がいた距離から肉眼では見えないはずです。

もし何かよく分からないあの生き物を、自分の目の前に持ってきたとしたら、めちゃくちゃ細長くて幅だけでもめちゃくちゃデカイ幅のはずなんです。

あんな生き物なんていたっけ…?

もしかして、そもそも生き物じゃない?

いやいや、あの動き。

蛇がニョロニョロニョロっと這うときの、まさにあのくねくねした動きなんですよ。

あれは絶対生き物の動きでしょ!

ばかでかくて、くねくねして、しかも空を飛ぶ生き物?

・・・。

頭に浮かんだのはたった1つ、ジブリ映画の「風の谷のナウシカ」で腐海の森に住む、巨大な空飛ぶ生き物で、ハサミムシみたいなやつ!

ガチン!と挟もうとしてくるあれ!

私の知っている空飛ぶ巨大な生き物で、細長くてくねくねしているものといったら、あれしか思いつきません。

・・・。

あれって、本当にいたの…?汗

いやいやいやいや!

いるわけないでしょ!

じゃあ他にあんな生き物いた?

・・・。

「地球上の生き物の中で、そんな生き物、私はひとつも知らないよーーー!!」

結局、私の理解を超えて、訳が分からず、そのときのことはそのまま忘れてしまいました。

(そんな衝撃的な出来事忘れるなって感じですが…)

それから数年後

あのときの出来事は、すっかり忘れてしまっていたので、あれから何年たったのかも分かりません。

そんなある日、私はいつものように、自宅の自分の部屋で、本を読んでいました。

読んでいたのは、無農薬のリンゴを作ったことで有名な木村秋則さんの『すべては宇宙の采配』という本でした。

その中に、木村さんが龍と出会った時のことが書かれていました。

そしたらその場面を読んだときに、今まですっかり忘れていて、一度も思い出すことのなかったあの時の記憶がポンと飛び出して、あの空飛ぶ生き物のことを思い出したんです。

その瞬間「あのときに私が見たのは、龍だったんだ…」そう気付いてしまいました。

分かってからしばらく、一人で呆然としていましたね。

だって、龍が実在するという概念自体が、私には全くなかったんですから。

木村さんは龍を見ている。

龍はいる。

そして私があの日に見た生き物は、何度思い返してみても、やっぱり龍としか思えないんです。

信じられないけど、絶対龍だ。

だってはっきりとこの目で見ちゃったし。

その日から私は、この世界には龍という生き物が実在するということを知るのでした。

龍は見える?

宮城県金華山黄金山神社の銭洗所

いろいろお伝えしましたが、信じてもらわなくてもいいです^^

多くの人は信じられないと思うので、作り話だと思われてもいいですが、たぶん私のように龍が自分の肉眼で見えちゃって「えっ?なんで…?汗」って思っている人って、いると思うんですよね。

私の知り合いの方とか、私が一方的に知っている方とかで、龍が見える人は何人もいるのですが、そういう人は常日頃からいろんなものがみえているので、あんまり驚きもしないんですよね。

「龍が飛んで行きましたね~」みたいな。笑

龍は目でも見えるみたいです。

みえる時の条件があるのか、第三の目でみるのかは分かりません。

でも私は別に「第三の目でみるぞー!」と思って龍がみえたわけじゃなくて、普通に道を歩いていて、突然自分の目で普通にみえたんですよね。

そのときは龍だとも思わなかったですけど。

常日頃みえてない人が、私みたいに突然みえちゃうと「えっ?なんで?ほんとに?なんで私みえた?」ってなるわけですよ。

だから、そういう少数派の人たちに「私もみえたよ~。他にもそういう人いるから大丈夫ですよ。おんなじですね~^^」って伝えたいです。

龍は想像上の生き物じゃなくて、実際いるけどみえる人が圧倒的に少ないから、架空の生き物と言われているんでしょうかね。

十二支に1つだけ想像上の生き物が入っているのも、なんか不思議な感じしますしね。

龍は実在するんですよ。

現実世界では、超レアキャラですけど。

龍が見えた私のその後

私の場合は、あの日龍がみえちゃって、その何年後かにそれが龍だったと知って、「じゃあ龍って一体何?」ってなりましたね。

だって龍について考えたこともなくて、龍の知識ほぼゼロです。

そんなときに、大杉日香理さんの『「龍使い」になれる本』という本を知りました。

もちろん即買い。

その本を読んだら、結構龍についていろいろなことが分かりました。

私も「龍神様の背中に乗せてくれますか?」と心の中で聞いてふと見上げた空に、びっくりするような龍雲があって「あ!OKなんだな」と勝手に喜んだりしましたね。笑

その後、小野寺S一貴さんの『妻に龍が付きまして…』が出版され、こちらも即買い。

スポンサーリンク

小野寺S一貴さんと、龍がついている奥さんワカさんの、イベントにも行きました。

小野寺さんが「まず自分についてくれている龍神さんに名前を付けると良い」と言っていたので、名前を付けました。

というか心の中で龍神さんに「名前は何ですか?」と聞いたら、言葉が頭に浮かんだんです。

でも芸能人と同じ名前だったので私が「えー!」と嫌がったら、それに1文字加えて、別の名前に変えてくれました。笑

龍神様にまつわる神社に行ったら、その神社の目の前の家の表札が、その一緒に決めた龍神さんの名前と全く同じ苗字だったりして、なんだか「おっ!」と思うようなシンクロニシティーが続きましたね。

よく一般的に、見えない世界の存在たちは、自然界の事象を使ってメッセージを送ってくると言われます。

風とか光とか香りとか虫とか。

龍神様は、風とか雨とかが多いと言われています。

その他にも人間界の現象も使って、車のナンバーのぞろ目とか、ふと見た看板の文字とか、人から聞いた言葉とかでもメッセージを送っていると言われています。

そういうのを自分なりに勉強して、会話していったんです。

そしたら自分なりにコミュニケーションがとれている感覚が出てきました。

でもずっと私の中に「龍神さんとダイレクトに人間の言葉で会話したい!」という思いがあったんです。

だって、自然界の事象とか人間界の現象って、自分の感覚で解読しなくちゃいけないから、「これであってるかな?」って時もあるんですよね。

そしたら、あるとき、ダイレクトな言葉でメッセージを受け取れるツールを手に入れました!

それが「龍神カード」です!

これを占星術の先生に教えてもらって、実際に自分で使った時の衝撃!!

具体的な言葉で、メッセージが受け取れるんですよ。

「なんて素晴らしいものがあるんだ!」と思いましたね。

カードのメッセージへの信頼度は100%です。

向こうはいつでもサポートしたいって思ってるんですよね。

でも私側が心の中が整っていない状況の時には、カードを引いても「んっ?」とそのメッセージにあんまりピンとこなくて、こちらがうまく受け取れていないな、というときがたまにあります。

でもほとんどは、質問に対して、びっくりするほどドンピシャな答えが返ってきます。

レインボードラゴンのアチューメントというのも受けたことがあって、龍との関係性を少しずつ深めてきました。

今では、龍神様は私の心強い相棒です。

龍神は眷属の中でも神様に近い存在なんですけど、相棒という言葉が一番私の中ではしっくりきます。

私のこの人生を、一緒に作っていく相棒です。

実際に今世の私の人生で、体を動かして行動していくのは私なんですが、時間とかタイミングとか人とのご縁とか運気とか、そういう分野は龍神さんの担当分野なので龍神さんにお任せしています。

最近だと龍神様についての理解を深めるのに、SHINGOさんの『夢をかなえる龍』の本もとても分かりやすかったですね。

SHINGOさんの講演会にも行きました。

龍神様に興味のある方は、きっと龍にご縁のある方ですし、もうそばについていてくれてサポートしてくれているかもしれませんね。

ご紹介した本なども是非読んでみてくださいね!

まとめ

私の、空飛ぶ龍が思いがけずみえちゃった体験についてお伝えしました。

ちなみに龍の姿が肉眼ではっきり見えたのは、その1回だけです。

また見たいなぁと思って、いつも空を見上げていましたが、こちらがみたいからといって見られるというものではないようですね。

でも龍の話をしていたら、急に強い突風が吹いたり、龍雲を見たり、龍の絵や文字を見たり、ドラゴンナンバーと言われている8の数字が目に付いたり、日々常に龍を思い出す感じですね。

何かに迷ったり、メッセージが欲しい時には龍神カードをひいて、直接メッセージをもらいます。

それで何度も後押ししてもらいました。

龍がいると思う人の世界には、龍は確かにいると思います。

「いや、いないでしょ」という人も、それはそれで全然いいと思いますし、どちらが正しいとかいうものでもないと思います。

でも龍神がいる世界って、面白いですよね~!^^

スポンサーリンク
はっぴぃママ

子どもが大好きな保育士ママです♪

プロセラピストとして、心理学も学んでいます。

小さい頃から、不思議なことが当たり前に起こるような、家庭環境で育ちました。

そのため「目には見えない世界が絶対ある!」と、見えない世界のことを日々探求するのが趣味になりました。

読書やガーデニングも好きです♡

はっぴぃママをフォローする
スピリチュアル私の場合
はっぴぃママをフォローする
人生みなハッピー
タイトルとURLをコピーしました