子育てのポイントやコツをおさえて親子で幸せな子育てを

母子 子育て

初めての子育ては、全てが手探り状態で、不安や困りごともたくさんありますよね。

そんなときに、ちょっとした子育ての考え方のポイントやコツを知っていると、それだけでぐんと子育てが楽になったり、子どもの様子にも良い変化が出てきたりします。

こちらには、私が長年保育士をしていて、たくさんのご家庭を見てきた経験や、自分自身の子育てで実践してきた内容から、子育てに役立つ内容をまとめました。

また、プロのセラピストの養成講座を修了し学んできた内容や、その他の学びからも、子育てに役立つ情報を選んで、こちらに盛り込んでいます。

気になる内容がありましたら、ぜひ関連記事から、さらに詳しく読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

胎内記憶って何?うちの子にもある?

生まれたての泣いている新生児

お母さんのお腹の中にいた時の話を、話す子どもたちが増えています。

また、お腹の中だけではなくて、生まれる前にいた世界のことを話す子どもたちもいます。

それらの記憶は胎内記憶といわれ、2~3歳頃から話す子どもが多く、年齢が上がるにつれて記憶が薄れて、忘れていく子どもが多いと言われています。

日本で胎内記憶を専門的に研究されているのが、池川クリック院長の産婦人科医、池川明先生です。

私の次男も胎内記憶や、誕生時記憶を話しました。

それに、私の身近な周りの人の中にも、お子さんが胎内記憶や、生まれる前の世界の中間生の記憶を話したという人が何人もいます。

あなたのお子さんも、実は胎内記憶を持っているかもしれませんよ。

<関連記事>
子供に生まれる前の記憶があるって本当?空にいたなどその共通点は?

右脳教育は特別なもの?家庭でもできるポイント

積んであるカラフルな積み木

右脳は感性やイメージ、ひらめきや直感、創造の脳です。

写真能力とも言われて、一瞬で写真を撮るように記憶できたり、高速にインプット、情報処理ができます。

右脳教育を行う時期は、年齢が小さいときほど、効果的だと言われています。

左脳よりも、まだ右脳が優位になっている状態で、神経回路が作られている途中の、小さい子どもの脳ほど、より効果的です。

右脳教育の教室や教材はいろいろありますが、右脳教育のポイントさえつかんでいれば、家庭でもできることがたくさんあります。

家庭でも楽しみながら、たくさん情報をインプットしてあげたり、創造性を高めるような遊びをたくさん行っていきましょう。

<関連記事>
右脳の発達に年齢は関係あるか。幼児に教材は必要?鍛え方のおすすめ

兄弟はどう育てる?兄弟の子育てのポイントは?

笑顔で笑う幼い男の子兄弟

お子さんが複数いるご家庭では、兄弟げんかが多くてイライラしたり、上の子と下の子の育て方で悩んだり、いろいろ悩みも出てきますよね。

子育て環境は家庭ごとに違いますが、一般的に、大きな期待を背負い、慎重に育てられることが多い上の子に比べて、下の子はのんびり大らかに育てられることが多いようです。

その育てられ方によって、上の子の気質と下の子の気質に、違いが出てくることが多くあります。

そして年の差があればあるほど、上の子が下の子の面倒を見るという関係性が強く出てきて、上の子が家庭内では常に我慢をしなくてはいけないという状態に陥りがちです。

下の子はただでさえ手がかかるので、できる時にはなるべく上の子を優先させるというのが、兄弟の子育てをうまく進めるコツです。

それぞれの子どもが、親から受け取った愛情を入れておく「愛情のタンク」の形や大きさは、子ども1人1人違います。

その愛情のタンクを、常に満タンにしておけるように、その子の特性に合わせた関わり方をすることが大切です。

<関連記事>
子育てに兄弟の年の差はどう影響する?平等で仲良し育てるコツ

スポンサーリンク

スピリチュアル的に考えた子供の自立とは?

青空の下で両手を広げている少年

自立というのは、身のまわりのことを自分でできるようになれば、自立したと言うのではありません。

本当の意味での自立とは、自分の本当にやりたいことや望みを見つけ出し、それを実現させる力、「自己実現力」を身につけることです。

それは、幼少期から少しずつ育てていくものです。

私たちは、この肉体を持ち多様性のある地球の中で、様々な体験から魂が学びを得るために生まれてきました。

子どもたちも、この地球でたくさんの様々な体験をしたくて生まれてきました。

お子さんは何をやりたくて、どんな望みがあって生まれてきたのでしょうか?

子供がやりたがっていることは、なるべく応援してやらせてあげる、そんな自立を促す子育てをしてみませんか?

<関連記事>
子供が自立する子育てのスピリチュアル的意味、自主性と放任は違う

雨の中で遊ぶ時のおすすめの服装は?

レインコートに傘の男の子

雨の日が続くと、子供もイライラしたり、兄弟喧嘩が多くなりがちではないですか?

そんな時には、思い切って外に出かけ、気分転換をしてみましょう!

その時に大切なのは、子供の服装です。

ポンチョやレインコートよりも、子供が思い切り遊べて、大人もゆっくりと見守っていられる格好があります。

おすすめは上下セパレートタイプの防水カッパです!

その時に、カッパのズボンのすそは、長靴の中に入れるのではなくて、長靴の外側にかぶせるのが、長靴に水が入りにくくなるポイントです!

<関連記事>
子供が雨の日に遊ぶ服装は?レインコートよりおすすめをご紹介

親の言葉がけが子供の性格や人格を作る

笑顔で笑う幼い男の子兄弟

私たちは、毎日何気なく言葉を使っています。

親が使う日々の何気ない言葉や、子供に対して行う言葉がけが、その子の性格や人格を作っていると考えたことはありますか?

そしてそれは、その子供のその後の人生にもつながっているということが、心理学では分かっています。

あなたは毎日お子さんに、どのような言葉をかけていますか?

無意識に使っているお子さんへの言葉を、ぜひ一度振り返り、改善できるところがあれば見直してみてくださいね!

<関連記事>
子供のやる気を自然と引き出す親の言葉がけの重要性とは

カブトムシを触れないパパが増えている

木につかまるオスのカブトムシ

「鉄腕ダッシュ」の番組で言っていましたが、40代の男性はおよそ二人に一人の人がカブトムシを触れますが、年代が若くなるごとに触れる人の率が減っていくそうです。

そのような昆虫を触れない男性が、お父さんの世代になっているので、子供たちにも昆虫に触れない子が増えていますね。

小さい頃に昆虫など生き物に触れることは、子供たちにとって自然環境や命の大切さを学ぶことにもつながり、大切なことです。

子供たちには幼少期に、豊かな自然体験をたくさんさせてあげたいですね!

我が家はご近所さんから「赤いカブトムシだよ」と、カブトムシをいただきました。

赤いカブトムシって知っていますか?

<関連記事>
「赤いカブトムシ」って何?クワガタの赤は危険?

まとめ

子育てで知っていると役に立つ情報を、まとめてみました。

ちょっとした日々の心がけで、できることもたくさんあります。

そして、そのお母さんの心がけ1つで、子どもの様子や家庭内の状況が大きく変わっていくこともよくあります。

できることから少しずつ、取り組んでみてくださいね!

スポンサーリンク
はっぴぃママ

子どもが大好きな保育士ママです♪

プロセラピストとして、心理学も学んでいます。

小さい頃から、不思議なことが当たり前に起こるような、家庭環境で育ちました。

そのため「目には見えない世界が絶対ある!」と、見えない世界のことを日々探求するのが趣味になりました。

読書やガーデニングも好きです♡

はっぴぃママをフォローする
子育て
はっぴぃママをフォローする
人生みなハッピー
タイトルとURLをコピーしました