古代マヤ人のマヤ暦占いは当たる?みんな知ってるマヤ暦占とは

マヤ文明 風水・占い

古代マヤ人たちのマヤ文明について知っている、聞いたことがある、という人も随分多くなりましたよね。

そのマヤ文明で使われていたのが「マヤ暦」です。

私は最近出会う人たちが、みんなマヤ暦占いを知っていて、その話題で盛り上がっていることが多くなりました。

私だけよく分からないこのマヤ暦占い。

マヤ暦占いでは、この占い特有の言葉がたくさんあるので、私はちんぷんかんぷんです。

そこでマヤ暦占いについて、調べてみました。

スポンサーリンク

<その他の風水・占いについてはこちら>
開運風水や的中率の高いマヤ暦占い六星占術や前世についても

古代マヤ人って?

木

古代マヤ人は、現代の私たちよりも発達した文明をもっていたと言われています。

特に天文学や数学、時間などの分野を、高度に発達させていたといいます。

その古代マヤ人たちの文明である、マヤ文明で使われていたのが、紀元前から伝わるマヤ暦(マヤのカレンダー)です。

古代マヤ人は正確に星を読み、時間という概念を創り出し、暦を作りました。

このマヤ暦は、主に中央アメリカの地域で使われていたようです。

月の公転周期や太陽の自転など、宇宙が地球にもたらす周期をもとに、マヤ暦は作られています。

古代マヤ人はマヤ暦によって、様々な予知や預言をしてきました。

このマヤ暦を用いて行われるマヤ暦占いは、高い的中率を誇るといわれています。

マヤ暦占いは当たる

マヤ文明

マヤ暦占いによって、その人の生まれ持った性格や能力、人との相性などをみることができます。

スポンサーリンク

今は簡単にスマホの無料占いで、自分の生年月日から占うことができるので、私も周りでもよく占いの結果を見て盛り上がっています。

これがどの人の結果を見ても、驚くほどその人の特徴がよくあらわれていて、高い的中率といわれるのもよく分かります。

マヤ暦占いは、当たるも八卦当たらぬも八卦の占いというものではなくて、宇宙の叡知という気がしています。

古代マヤ人が使っていたカレンダーは、19種類ほどあるとも言われています。

現在は、1年が365日の太陽暦を使っていますが、1年が260日のツォルキン暦や、1年を365日としたハアブ暦など、さまざまな種類があります。

その中で、マヤの神に仕える神官だけが使用していたのが、ツォルキン暦といわれるカレンダーです。

このツォルキン暦で自分の生まれた日を調べていくのが、今一般的にマヤ暦占いといわれているものです。

マヤ暦占いの結果は、顕在意識の特性を表す「太陽の紋章」と、潜在意識の特性を表す「ウェブスペル」と、行動パターンを表す「銀河の音」のkinで表わされます。

20の太陽の紋章と、13の銀河の音からできていて、その組み合わせによって、20×13=260で260日それぞれ違うエネルギーがあるとされています。

生まれた日のエネルギーを知ることで、生まれ持った性格や能力、価値観などが分かります。

マヤ暦では、今の生年月日の表し方とは違って、kin番号という形で生年月日を表します。

例えばkin50なら、ツォルキン暦の260日周期の50日目ということになります。

マヤ暦占いで、人との相性やつながりをみるときには、ガイドkin、反対kin、神秘kin、類似kin、鏡の向こうkin、絶対反対kinの6種類があります。

Kinを読みとくことで、運命をより良いものに変えていける、それがマヤ暦占いの特徴です。

まとめ

自分自身を読み解くことで、日常生活やこれからの人生に生かしていくことができます。

古代マヤ人たちは、自分自身や相手の、能力や役割を深く知ることで、お互いを認め合い繁栄をしてきたのですね。

マヤ暦占いをしたことのない人は、その的中率に驚くと思いますよ。

ぜひスマホの無料占いで、見てみてくださいね!

<関連記事>
マヤ暦占いで性格や適職がズバリ分かる?黄色い戦士の私の場合

スポンサーリンク
はっぴぃママ

子どもが大好きな保育士ママです♪

プロセラピストとして、心理学も学んでいます。

小さい頃から、不思議なことが当たり前に起こるような、家庭環境で育ちました。

そのため「目には見えない世界が絶対ある!」と、見えない世界のことを日々探求するのが趣味になりました。

読書やガーデニングも好きです♡

はっぴぃママをフォローする
風水・占い
はっぴぃママをフォローする
人生みなハッピー
タイトルとURLをコピーしました