ゆず茶は風邪に効果的で便秘解消も!国産の無農薬が安心

ゆず茶 冬の健康

寒い冬には、ゆっくり温かい飲み物を飲んであたたまりたいですよね。

たくさんのホットドリンクがありますが、同じ温かい飲み物でも、中には体を冷やす働きのある飲み物もあるんです。

どうせ飲むなら、寒い冬は体を芯から温めてくれる、健康的な飲み物をとりたいですね。

風邪や便秘予防にも効果的な、寒い冬におすすめの飲み物が「ゆず茶」です。

ゆず茶の持つその他の効果や、選び方のポイントについてお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

ゆず茶は風邪に効果的

柚子

ゆず茶は「茶」と名前がついていますが、葉っぱではなく、ゆずの果皮を薄切りにして、蜂蜜や氷砂糖などで漬け込んだものです。

皮ごと丸ごと摂ることができるのがゆず茶です。

栄養がとても豊富なので、漢方にも利用されています。

ゆずは体を温める効果がよく知られていますよね。

日本では古くから、冬至の日にゆず湯に入る習慣があります。

柚子

我が家でも冬至にはゆず湯に入りますが、体の芯からポカポカに温まり、そして上がってからも冷めにくいと感じています。

柚子には、血行を促進し体温を上昇させる効果があることは、古くから知られていました。

柚子に含まれるヘスペリジンは、ビタミンPの一つで、毛細血管を強化したり、血流を改善する効果があります。

またリモネンも血管を広げ、血流をよくする効果があるため、冷え性の改善に効果的です。

体温が上昇すると、免疫細胞が活発になり免疫が上がります。

また、ゆずに含まれるビタミンCには、ウイルスに対する抵抗力を強める働きもあります。

そのためゆず茶は風邪の予防に効果的です。

ゆず茶に含まれるクエン酸とリンゴ酸には、体内の疲労物質を分解し、新陳代謝を助ける働きがあります。

疲労を回復させることができるので、風邪のひき始めに柚子茶を飲むと治ることも多くあります。

寒そうな女性

柚子茶の本場の韓国でも、風邪を引いたら柚子茶を飲む習慣があります。

市販の薬と違って自然の食品ですから、副作用がないのも安心ですね。

カフェインも含まれていないので、妊婦さんや子どもでも安心して飲むことができます。

ただ、柚子茶に含まれるはちみつは1歳未満の赤ちゃんが摂ると乳児ボツリヌス症にかかることがあるので注意が必要です。

ゆず茶は1歳を過ぎてからにしましょう。

ゆず茶は便秘解消にも効果あり

ゆず茶を飲むと、便秘の解消にもなります。

ゆず茶に含まれるペクチンは、水溶性の食物繊維で、整腸作用があり腸内環境も整います。

スポンサーリンク

また悪玉コレステロールを減らしたり、食後の血糖値の上昇を抑える働きもあります。

またダイエット効果も期待できます。

ビタミンCには活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

抗酸化作用により代謝が上がると、痩せやすい体質になりダイエットにもつながります。

ただ柚子茶には、はちみつや砂糖が入っているので、糖分の摂りすぎには気をつけないといけません。

飲み過ぎには注意してくださいね。

砂糖やはちみつの入っていない、ゆず粉末100%のものや砂糖不使用のものもありますよ。

ゆず茶のその他の効果

ゆず茶

柚子茶には風邪予防や、便秘の解消に効果があるとお伝えしてきました。

その他にも、柚子茶の持つ効果はたくさんあります。

ゆずの皮には、果汁の約4倍ものビタミンCが含まれていて、クエン酸とリンゴ酸により新陳代謝も活発になるので美肌効果が期待できます。

またリモネンという香り成分による、リラックス効果もあります。

ゆずの香りをかぐと、α波が出ることがわかっていて、ストレスを軽減してくれます。

このリモネンには、抗腫瘍効果も報告されています。

それからゆず茶に含まれるカリウムには、利尿作用があります。

カリウムは体内の余分な水分や塩分を排出するため、むくみや高血圧の改善にも効果的です。

こんなに様々な効果のある柚子茶を、飲んでみたいと思いませんか?

同じ柚子茶といっても、様々な商品が売られています。

選ぶ時のポイントについてお伝えしたいと思います!

ゆず茶を選ぶポイント

ゆず茶は、まるごと皮を使って作られている物が少なくありません。

健康への影響が心配な人は、なるべく国産で無農薬のゆずを使用している商品がおすすめです。

ただ国産の原材料を使った商品は少し値段が高くなるので、大容量のものや、ネットのまとめ買い商品を選ぶとお得に買えます。

甘味料もはちみつや水飴、オリゴ糖など、使用されているものは商品によって違うので、気になる方は原材料を確認しましょう。

原材料は含まれる分量が多い順に記載されています。

甘さひかえめが良い人は、ゆずが糖類よりも先に表記されているものを選ぶのが良いでしょう。

原材料の順番は、柚子成分の濃さの目安のひとつになっています。

瓶入りの柚子茶はジャムとしても使えます。

パンに塗ったり、ヨーグルトに入れて食べるのも美味しいですよ。

瓶入りではなくてスティックの粉末タイプの物もあります。

持ち運びに便利ですし、瓶入りの物よりも賞味期限が長いのも良いですね。

まとめ

寒い冬におすすめの柚子茶についてお伝えしました。

日本で昔から、冬至の日のゆず湯として親しまれてきた柚子。

漢方として使われるくらい様々な効果があります。

ぜひ今年の冬は、柚子茶を生活に取り入れ、健康と美容に役立ててみてくださいね!

<関連記事>
体を温める効果とは?飲み物で温活習慣を身につけよう!

スポンサーリンク
はっぴぃママ

子どもが大好きな保育士ママです♪

プロセラピストとして、心理学も学んでいます。

小さい頃から、不思議なことが当たり前に起こるような、家庭環境で育ちました。

そのため「目には見えない世界が絶対ある!」と、見えない世界のことを日々探求するのが趣味になりました。

読書やガーデニングも好きです♡

はっぴぃママをフォローする
冬の健康
はっぴぃママをフォローする
人生みなハッピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました