潤いのヘアオイル洗い流さないトリートメントひまわり油がおすすめ

ひまわり 健康

女性は髪の毛が思い通りにうまくまとまってくれると、その日1日が気分良く過ごせますよね。

つやがあって潤いのある髪の女性は、とても魅力的です。

髪の潤いのために「洗い流さないトリートメント」というものがありますが、健康のためにはなるべく自然な材料を使っているものがいいですよね。

そんな健康志向の方におすすめなのが、完全無添加で天然成分100%のひまわり油です。

ひまわり油を長年愛用している、くせっ毛な私の感想をお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

<その他の健康についてはこちら>
体の悩み帯状疱疹や水虫ストレス臭、雨の憂鬱や日々の健康管理も

髪に潤いを与えるヘアオイル

ひまわり油はサンフラワーオイルとも言われ、その名前の通りヒマワリの種子を圧搾して作られた油です。

食用としても使われていますが、スキンケアオイルやマッサージオイル、アロマテラピーのキャリアオイルとしても使われています。

主な成分としては、オレイン酸、リノール酸、ビタミンEが豊富に含まれています。

美髪効果の高い、椿油とほぼ同じような成分で構成されているんですよ。

ひまわり油の最大の特徴は、その保湿力の高さです。

スポンサーリンク

髪に馴染みやすい成分のオレイン酸が豊富に含まれているので、高い保湿力で髪に潤いを与えます。

また、保湿力が高いので、乾燥によるダメージや切れ毛、枝毛にも効果的で、髪のうねりを防ぐ働きもあります。

ひまわり油に含まれるビタミンEには、ヘアカラーや紫外線などでダメージを受けた髪を補修する働きがあります。

ひまわり油はデリケートな赤ちゃんの肌にも使うことができるものなので、お母さんの髪についたひまわり油の成分が、赤ちゃんについたとしても安心です。

合成的なケミカルなものを使うより、頭皮にも体にも優しいですね。

そんな体に優しいひまわり油ですが、髪の毛ではなく肌に直接使う場合には、必ずパッチテストを事前に行ってください。

少量をつけてみて、肌荒れや異常がないか確認してから使ってくださいね。

ひまわり油はキク科のひまわりの種から作られたオイルなので、キク科アレルギーがある人はアレルギー反応を起こす場合があります。

キク科アレルギーの方は、使用は控えてくださいね。

洗い流さないトリートメント

石けん

ひまわり油は、髪をドライヤーの熱から守るために洗い流さないトリートメントとして使うのも効果的です。

私はひまわり油を、洗い流さないトリートメントとして毎日使っています。

使い方は洗髪後、タオルドライをした髪に1~2滴ほどオイルを手に取り、手の平で伸ばして髪の中間から毛先を中心に塗布するだけです。

このほんのひと手間で、ドライヤーの熱から守ってくれますし、とても潤いのある髪になるんですよ。

ひまわり油の髪への効果は?

鏡の前で髪をセットしてもらう女性

私は太陽油脂の「パックスナチュロン オイル」を、洗い流さないトリートメントとして使い始めてから、枝毛や切れ毛がほとんどなくなりました。

外に出ることも多い仕事だったので、紫外線のダメージもあってか、前は枝毛や切れ毛がすごかったんですよね。

カラーリングもしていますし。

それに私はくせっ毛なのですが、これを使い始めて髪のうねりで困ることがぐんと減りました。

朝にきれいにまとまるんですよ!

前は朝起きたら髪がはねるので、水で濡らしてドライヤーで乾かしたり、カールドライヤーで整えなければいけませんでした。

でも夜の入浴後の洗い流さないトリートメントによって、朝の髪のスタイリングがとても楽になりました。

その違いがよく分かるのが、どこかにお泊まりしたときです。

ひまわり油を持っていけばいいのですが、持って行かなかったときに、自然な状態で夜ドライヤーで乾かしたその翌朝。

髪のパサパサ感とまとまりにくさが明らかです。

くせっ毛な私には手放せないアイテムですね^^

まとめ

くせっ毛の度合いやその人の髪質によって、効果は違うと思いますが、私にとっては長年愛用するお気に入りになっています。

ケミカルなものをなるべく使いたくない、自然志向の方には特におすすめですよ。

髪の毛のケアに、ぜひ使ってみてくださいね!

スポンサーリンク
はっぴぃママ

子どもが大好きな保育士ママです♪

プロセラピストとして、心理学も学んでいます。

小さい頃から、不思議なことが当たり前に起こるような、家庭環境で育ちました。

そのため「目には見えない世界が絶対ある!」と、見えない世界のことを日々探求するのが趣味になりました。

読書やガーデニングも好きです♡

はっぴぃママをフォローする
健康
はっぴぃママをフォローする
人生みなハッピー
タイトルとURLをコピーしました