妊娠中の便利グッズ抱き枕は洗える授乳クッションにもなる物を

両手で作ったハートの形を自分のお腹に当てる妊婦 赤ちゃん

妊娠中は妊娠前とは違った体の変化や心の変化に戸惑い、大変なこともたくさんありますよね。

特に産後の授乳のための体の準備だとはいえ、夜にまとまって眠りにくくなるのも、困りごとの一つです。

そんな時にとても便利なのが抱き枕です。

しかも産後の授乳クッションにもなる抱き枕は、本当に長い期間に渡ってとても重宝します。

抱き枕、授乳クッション以外にもたくさんの使い方があって、私にとっては一番買って良かった便利グッズです。

妊娠中から産後まで大活躍の、授乳クッションにもなる抱き枕についてご紹介します!

スポンサーリンク

<その他の赤ちゃんについてはこちら>
赤ちゃんの育児のストレスや悩み寝不足は便利グッズや知識で解消

妊娠中の便利グッズは抱き枕

妊娠中のプレママさんに、特におすすめしたい便利グッズが、抱き枕です。

仰向けに寝ると腰がつらかったり、楽な体勢がなかなかとれず寝にくくなりますよね。

そんな時に良いと言われるのが、シムスの体位です。

抱き枕を両足で挟んで寝ることで、お腹への負担も軽減され、妊婦さんがリラックスしやすくなります。

私も妊娠中は、よく抱き枕を両足ではさんで寝ていました。

本当に体が楽な感じがするんですよね。

私は二人子供がいますが、切迫早産で、二人とも3ヶ月弱の入院生活を経て出産しています。

私にとっては少しでも快適に睡眠をとるための必需品だったので、病院にも持参して常にベッドの上にありました。

切迫早産は絶対安静ですが、少し体を起こしたいときは、背中に抱き枕を置いて寄りかかったり、むくみ予防に足の下に置いて足を高くして寝たり、本当によく使っていました。

抱き枕は洗えるのがおすすめ

抱き枕は顔もくっつけますし、肌に直接当たるものなので衛生面も気になりますよね。

長い期間使える本当に便利なアイテムなので、やっぱり洗濯できる商品が安心です。

クッションカバーは取り外して洗濯でき、クッション本体も丸ごと洗濯機で洗える商品がおすすめです。

授乳クッションにもなる抱き枕を選べば、さらに産後も長い期間に渡って活用できます。

授乳クッションとして使うと赤ちゃんが母乳をもどしたり、よだれがついたりということもあるので、その都度洗濯機で洗えるといいですよね。

洗い替え用のカバーがあると、気軽に洗濯できるのでいいですよ。

それ以外の使い道もいろいろ

抱き枕なのに、授乳クッションにもなるというだけで、便利度も二倍ですが、それ以外にも私にとって、とても役にたった使用法がいろいろあります。

スポンサーリンク

授乳クッションで抱っこのまま寝かせる

それは、お子さんが複数いる方は共感していただける方も多いのではないかと思いますが、初めて生んだ上の子というのは、下の子に比べてデリケートだったり敏感だったりしませんでしたか?

私の上の子供は音などにも敏感で、授乳してそのまま眠っても、布団におろすと途端に起きて泣くんです。

だからなかなか下には下ろせませんでした。

そこで、授乳クッションで授乳して寝た後、そのままクッションの上に寝せたままずっと抱っこしている、ということをよくやっていました。

クッションに乗っているので、素で抱っこするよりも安定していますし、自分が感じる負担は少なく済みます。

そうするために、授乳の前には手の届くところにテレビのリモコンや雑誌、携帯電話、飲み物などその時間をエンジョイするためのアイテムを、あらかじめそろえておきます。

そして1時間~3時間近くそのまま寝せます。

ソファの肘掛けなどをうまく利用して、安定してより楽にいられる状況を作ります。

この方法は敏感な上の子の初めての子育ての時には、とても役立ちました。

だって下に置くと、そのたびにエンドレスで泣くんですから!

授乳クッションのまま下に置く

赤ちゃんが少しずつ大きくなってくると、そのうち徐々にその進化形にバージョンアップしていきました。

それは私のひざや腕の中でなくても、授乳クッションに頭や肩、背中辺りが触れていれば、下に置いても起きなくなったんです!

ソファの上に一人で置かれているんだけど、可愛くまあるい授乳クッションの輪っかの中におさまってスヤスヤと寝ているという可愛らしい状況になります。

でも転がったりする危険のない状態で行い、そしてなおかつすぐそばで見守りながらです。

私の体からは離すことに成功しているので、その眠っているわずかな間、楽に自分の時間を過ごせるようになりました。

お座りの補助

授乳の時にクッションを使わなくても良くなった頃には、今度は別の方法でこのクッションが活用されます。

それは、子供がお座りが初めてできるようになった頃、最初はバランスを崩してよく一人でゴロンと転がって、頭をぶつけたりするんですよ。

そんな時期には丸くつなげて輪っかにしてその中に座らせたり、長いまま後ろに置いたりして衝突を防ぎます。

これで床に「ゴンッ!」とはいかないので、お座りの時の安心感がだいぶ違います。

本当に授乳クッションにもなる抱き枕には、妊娠中から産後、赤ちゃんのお座りのまで、本当に長い間お世話になりました^^

まとめ

いろいろな声を見てみると、やっぱり私と同じように「これは本当に買って良かった!」というママたちがたくさんいるみたいですね。

その便利グッズの情報を知っているかどうかによって、大変なことも多い妊娠から産後、育児までがだいぶ違ってきますよ。

ぜひ便利グッズを賢く使って、妊娠から産後の子育て期間を、より快適に楽しくお過ごしください!

スポンサーリンク
はっぴぃママ

子どもが大好きな保育士ママです♪

プロセラピストとして、心理学も学んでいます。

小さい頃から、不思議なことが当たり前に起こるような、家庭環境で育ちました。

そのため「目には見えない世界が絶対ある!」と、見えない世界のことを日々探求するのが趣味になりました。

読書やガーデニングも好きです♡

はっぴぃママをフォローする
赤ちゃん
はっぴぃママをフォローする
人生みなハッピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました