ベビーサインとは?いつから教え方はどうやるの?その効果について

ハイハイする赤ちゃん 赤ちゃん

ベビーサインという言葉を聞いたことはありますか?

ベビーサインを教えてくれる教室なども、少しずつ見かけるようになってきました。

私は保育士ですが、自分の子供たちには、本で学んでこのベビーサインを自分なりに取り入れてきました。

やってみた感想と、その効果についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

<その他の赤ちゃんについてはこちら>
赤ちゃんの育児のストレスや悩み寝不足は便利グッズや知識で解消

ベビーサインとは?

両親と手を繋ぐ赤ちゃん

ベビーサインとは、手話のようにして、赤ちゃんと手でお話をすることです。

「まだしゃべれない赤ちゃんと、会話をするなんてできるの?」と思う人もいるかもしれませんね。

胎内記憶教育という分野の研究では、お腹の中の赤ちゃんと会話をすることも可能と言われています。

そのようなことは、一般的には胎教などと言われることもありますね。

赤ちゃんはどんなに小さくても感情があって、ママに何かを伝えようとしています

でも言葉を話すためには、口の機能が少しずつ発達して、話す練習も重ねていかないと、体の機能的に話すことはできません。

赤ちゃんに話したいことがあったとしても、まずは口の機能が発達して、さらに練習を重ねてからでないと、実際に話すことはできないんです。

その間の期間に、とても役に立つのがこのベビーサインです。

ベビーサインは、赤ちゃんが伝えたいことを、ママに手の動きで伝えることができます。

体の機能的には、口を使って言葉を話すよりも、手を動かす方が赤ちゃんにとっては、簡単に早い月齢からできます。

そのため、子育てにベビーサインを取り入れると「赤ちゃんが一体何を言いたくて泣いているのか分からない」という、ママが困る状況を減らすことができます。

それって忙しい子育てにおいては、とても大きい差ですよね。

ベビーサインの教え方は?

母子

ベビーサインは生まれてから、言葉を話し始めるまでの間に、いつ教え初めても大丈夫です。

ただ、言葉を話し始めるのには、口の機能の発達が必要なように、手を動かして伝えるという行動ができるまでに発達していないと、赤ちゃん側からのベビーサインは返ってはきません。

そのため、あまり早くから始めて、赤ちゃんからのベビーサインがなかなか返ってこないと、お母さんの気持ち的に、途中で挫折してしまうことがあります。

その心配がなければ、生まれてすぐからでも取り組むことができます。

お母さんが赤ちゃんに話しかけるときに、言葉と一緒にベビーサインを見せて、様々な言葉をどんどんインプットしてあげましょう。

赤ちゃんからベビーサインは返ってこなくても、赤ちゃんの脳の中には、どんどん新しい言葉とベビーサインがインプットされていきます。

一般的には6ヶ月頃から始め、遅く始めるほど赤ちゃん自身が発達してきているので、赤ちゃんからのベビーサインがアウトプットされるまでの期間が短くなる場合が多いです。

1番接することの多いお母さんが、毎日のお世話の中でベビーサインを取り入れていくことが効果的ですが、さらに効果的なのが、お父さんや兄、姉などの家族も一緒に取り組むことです。

特に上の子のお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合は、一生懸命赤ちゃんに教えようとしてくれる場合があり、そのような時には赤ちゃんも、どんどん吸収し覚えていきます。

本やベビーサイン教室で学んだ資料など、印刷できるものがあればプリントアウトして壁に貼り、家族みんなで見て覚えられるようにしてもいいですね。

私の場合は、使っているベビーサインのポーズの絵を描いて実家にも貼り、おじいちゃんおばあちゃんにも、無理のない範囲で楽しみながら取り組んでもらいました。

面白がってベビーサインで会話してくれることもありましたよ。

ベビーサインの効果は?

赤ちゃんの手

一般的に言われているベビーサインの効果について、いくつかご紹介します。

子供の要求がすぐに分かり子育てが楽になる

ベビーサインを取り入れると「赤ちゃんが何を伝えたくて泣いているのかが分からない」という、子育てでよく起こりがちな、ママが困る状況を減らすことができるとお伝えしました。

これはやってみて、効果をとても実感したところです。

しゃべれなくても子供が何を欲しているのか、何をしてほしいのかが、ベビーサインを見れば一目で分かるので、子育てがその分楽になります。

子供側も、このベビーサインをすれば、ママに分かってもらえるということを学習しているので、自分からベビーサインを使ってきます。

「このベビーサインがあったらもっと便利だな」と思うものを、その都度少しずつ増やしていくといいですね。

スポンサーリンク

特に毎日の生活に密接に関わりのある言葉は、使えると便利です。

コミュニケーションと愛情の絆が深まる

ベビーサインを使うと、まだおしゃべりができない赤ちゃんとも、意思の疎通ができるようになるので、母子のコミュニケーションが深まり、それによって愛情の絆も深まります。

これは、ベビーサインを使うことで得られる、大切な効果です。

私は初めて子供からベビーサインで返事が返ってきたとき「初めてコミュニケーションができた!」と感激して一人で泣きました。

特に一人目の初めての子育てを、精一杯頑張っているお母さんにとっては、自分の子供と言葉はしゃべれなくても、意思の疎通ができるというという体験は、とても嬉しいものです。

子供の語彙量が増える

母子の愛情の絆が深まるというだけでも、とても重要なことですが、その他にもベビーサインのよって得られる効果があります。

それは子供が生後の小さいうちから、周りの大人にたくさんの言葉をかけてもらい、ベビーサインを赤ちゃん自身が使っていく中で、子供の語彙量が増えるということです。

ベビーサインを使っていた子供は、そうでない子供よりも知っている語彙量が多くなる傾向があり、知能の発達が進みます。

これもとても大きな効果ですね!

我が家でよく使ったベビーサイン

ヒヨコ

私は自分のストレスにならないように、自分のできる範囲でベビーサインを取り入れました。

本にはたくさんのベビーサインが載っていましたが、とても全部は取り入れられませんでした。

その中から「これを知っていたら赤ちゃんもいいだろうな」「私自身も毎日の子育てが楽になりそうだな」と思うものを厳選しました。

その中でも、圧倒的に使う頻度が子供も私も多かったのが「おっぱい」「もっと」でした。

おっぱいは片手をグーパーさせて、にぎにぎするポーズです。

もっとは指先を軽くすぼめた両方の手を、胸の前で触れ合わせるポーズです。

他にも大きくなっていくごとに「ねんね」「おしまい」「飲み物を飲む」「絵本」など、使う回数が多いベビーサインが増えていきました。

でも「おっぱい」と「もっと」は、最初から最後まで使う頻度が圧倒的に高かったです。

完全母乳で、一歳半で断乳するまでの間に「おっぱい」のベビーサインはずっと使っていました。

「もっと」は様々な場面で使えるので、とても便利なベビーサインです。

もっと食べたい、もっと遊びたい、もっと絵本を見たいなど、子供の方から要求を伝える時によく使ってくれていました。

まとめ

真面目なお母さんは「ベビーサインを教えなくちゃ!」「覚えさせなくちゃ!」と頑張ってしまうかもしれませんが、ストレスになってしまうのでは逆効果です。

無理のない範囲で楽しみながら、赤ちゃんとコミュニケーションをとってみてくださいね!

そして、ずっと使ってきたベビーサインも、子供が成長して言葉を話せるようになってくると、それと共にだんだん使われなくなっていきます。

今までずっと使ってきた可愛いベビーサインのポーズが見られなくなっていくのは、少しさびしいですが、これも嬉しい子供の成長です。

成長の過程を大切に味わっていってくださいね。

母子の愛情の絆が深まり、ママのストレスも減って、賢い子になるベビーサインで、子育てを楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク
はっぴぃママ

子どもが大好きな保育士ママです♪

プロセラピストとして、心理学も学んでいます。

小さい頃から、不思議なことが当たり前に起こるような、家庭環境で育ちました。

そのため「目には見えない世界が絶対ある!」と、見えない世界のことを日々探求するのが趣味になりました。

読書やガーデニングも好きです♡

はっぴぃママをフォローする
赤ちゃん
はっぴぃママをフォローする
人生みなハッピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました