冬の自然

冬の自然

冬の自然、雪虫や木枯らし、霜柱やフロントガラス凍結対策も

冬は寒くて大変ですが、冬にしか見られない真っ白い雪景色も、なかなかいいものですよね。 寒い地方では、初雪が降る季節が近付くと、白い雪虫がふわふわと飛んだりします。 でも畑やガーデニングをしている人にとっては、寒い冬の季節は霜柱で被害を受けたり困ることもありますね。 こちらには、冬の自然に関する内容を簡単にまとめました。 気になる内容は、関連記事から詳しく読んで、ぜひ参考にしてみてくださいね!
冬の自然

雪虫が大量発生?その原因や体に付いている綿の意味は?

初雪の時期が近づくと現れると言われている雪虫。 東北地方でも雪虫が飛んでいるのを見かけると「もう少しで雪が降るかな?」と雪の季節の訪れを感じる風物詩のようになっています。 でも、この雪虫の生態についてはご存じですか? 雪虫の体についている気になる綿のようなふわふわについてもお伝えしていきたいと思います。 また、北海道では年によってこの雪虫の大量発生が見られます。 その原因とは一体何なのでしょうか?
冬の自然

朝フロントガラスが凍るのが困る!車の凍結対策は?

冬の朝、早く出かけたいのに車のフロントガラスが凍結。 そんなことってよくありますよね。 急いでいる時は本当に困りますね。 そんな寒い日は朝だけではなく、仕事が終わって疲れたから早く帰ろうと思うと、職場の駐車場でも凍結です。 そんな時にはどうしたら良いのでしょうか? 知り合いで保温性の水筒にお湯を入れて持参し、フロントガラスにお湯をかけている人がいましたが、お湯をかけても良いのでしょうか? 冬の日の車の凍結対策について考えてみたいと思います。
冬の自然

木枯らしは「1号」春一番は「一番」と数える理由とその定義

寒くなってくると天気予報で聞かれるようになるのが「木枯らし」という言葉です。 さらに「木枯らし1号」という言葉もあるのをご存じですか? 木枯らしというのは、ただ単に寒い時期の風というのではなく、しっかりとその意味と定義づけがあるんです。 また、同じ風でも木枯らしの場合は「木枯らし1号」というのに、春に吹く強風は「春一番」といい、「春1号」とは言わないですね。 その違いの理由は何でしょうか?
冬の自然

霜柱はどうやってできるの?できる条件と植物への対策は?

寒くなってくると見かけるのが霜柱です。 子供の頃は霜柱を踏んで歩く感触が楽しかったという人もいますよね。 寒い時期に見かける霜柱ですが、一体どのような条件の時にできるのでしょうか? また、植物を育てている方にはちょっと困る霜柱。 対策にはどんなものがあるのでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました