朝フロントガラスが凍るのが困る!車の凍結対策は?

車のフロントガラスの霜 冬の自然

冬の朝、早く出かけたいのに車のフロントガラスが凍結。

そんなことってよくありますよね。

急いでいる時は本当に困りますね。

そんな寒い日は朝だけではなく、仕事が終わって疲れたから早く帰ろうと思うと、職場の駐車場でも凍結していたりします。

そんな時には、どうしたら良いのでしょうか?

知り合いで保温性の水筒にお湯を入れて持参し、フロントガラスにお湯をかけている人がいましたが、お湯をかけても大丈夫なのでしょうか?

冬の日の、車の凍結対策について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

<その他の冬の自然はこちら>
冬の自然、雪虫や木枯らし、霜柱やフロントガラス凍結対策も

朝フロントガラスが凍る

雪

雪の日の朝、路面の凍結も心配だし、道路も絶対渋滞しているし、早く出発したい!

そんな急いでいる時に、精神的ダメージを受ける、フロントガラスの凍結。

「早く出発したいのに~!」

そんな急いでいる時でも、凍結を溶かすのにやってはいけないことがあります。

お湯をかけるのはNG!

一番やってはいけないことは、お湯を直接フロントガラスにかけることです。

急いでるからといって、早く霜を溶かすために、熱々の熱湯をガラスにかけるのは絶対に避けてください。

冷え切ったガラスに、熱々のお湯をかけると、温度差の影響でフロントガラスが割れてしまう可能性があります。

その場では割れずに大丈夫かもしれませんが、ダメージが蓄積されていって、ある日突然割れてしまうこともあります。

また溶けても外気温が低い中では、残った水分がまた凍結してしまう悪循環になってしまいます。

どうしても急いでいてお湯を使いたい場合は、体温程度のぬるま湯(お風呂の残り湯など)にして、溶けて残った水分は素早く取り除いてください。

金属製のスクレーパーを使うのはNG!

金属でできたスクレーパー(削り取るヘラ状のもの)でガリガリ削れば、早く氷が取れるだろうとつい思ってしまいます。

でも金属製のもので削ると、フロントガラスは傷だらけになってしまいます。

最初は目立たず気にならないかもしれませんが、積み重なっていくと目立つ傷になってしまいます。

大切な車のためにも、金属製は避けてください。

ワイパーをすぐ動かすのはNG!

すぐウォッシャー液を噴射してワイパーを動かしてしまうと、寒冷地仕様のウォッシャー液ではない場合はすぐに凍り付いてしまいますし、ワイパーゴムにダメージを与えてしまいます。

フロントガラスが凍結した状態では、ワイパー作動は行わないようにしてくださいね。

車の凍結対策は?

霜柱

車の凍結を少しでも防ぐ方法についてお伝えしていきます。

・屋内ガレージに駐車する

車両周辺の気温低下を抑えることができるため、ガラスが凍結しにくくなります。

また、カーポートの下でも完全に防ぐことはできませんが、いくらかの効果は期待できます。

・フロントガラスにカバーをかける

カバーの上に雪が積もったとしても、フロントガラスに雪はつきませんし、凍結対策にも効果的です。

・東の方向にフロントガラスを向けて駐車する。

陽の光が当たるだけで、フロントガラスの表面温度は上がりますので、太陽が昇る東の方向にフロントガラスが向いていると霜対策になります。

・ガラス撥水コートをする

汚れが取れやすく、しっかり水をはじいてくれるガラス撥水コート。

スポンサーリンク

このガラス撥水コートしておくと、汚れが落ちやすいだけでなく、フロントガラスが凍結した時に、氷が何もしてない状態に比べて落としやすくなります。

プラスチック製のアイススクレーパーで削ると、どんどん取れます。

ガラス撥水コートは、解氷スプレーを使う場合のことを考えて、シリコンではなくフッ素系を選んでください。

フッ素系なら、解氷スプレーに含まれるアルコールでも落ちることなく、使うことができます。

・寒冷地用のウォッシャー液を使う

通常のウォッシャー液では噴射した瞬間にそこからどんどん凍りついて、さらに大変な状況になってしまいます。

寒冷地仕様のアルコール成分が含まれるウォッシャー液なら、噴射してワイパーを動かせばすぐに解凍されて再凍結もありません。

ワイパーブレードやゴムにも悪影響を与えないので安心です。

・解氷スプレーを使う

主な主成分はアルコールです。

0度でも凍らないアルコールの特性を利用して、フロントガラスの凍結温度を下げることで、簡単に溶かすことができます。

急いでる朝には最適です。

冬は車内に入れっぱなしで大丈夫ですが、夏になっても車内に置いておくと破裂の危険があるのでお気を付けください。

・アイススクレーパーで削る

金属製はフロントガラスを傷つけてしまいますが、プラスチック製ならほぼ心配はありません。

スノーブラシにスクレーパーが付いている形の物も多くなっています。

1本あれば、雪や霜を取り除くことができます。

・エンジンスターターを付ける

リモコンでエンジンをかけ、フロントガラスを温めておくことで、朝の忙しい出勤時にもスムーズに出かけることができます。

まとめ

凍結が予想される時には、ワイパーがガラスに固着しないように、ワイパーは立てて駐車するようにしましょう。

ガラス撥水コートで有名なのが「ガラコ」という商品です。

使っている人も多いですね。

大切な車で、冬のカーライフも快適に過ごすために、できることから工夫してみてくださいね。

スポンサーリンク
はっぴぃママ

子どもが大好きな保育士ママです♪

プロセラピストとして、心理学も学んでいます。

小さい頃から、不思議なことが当たり前に起こるような、家庭環境で育ちました。

そのため「目には見えない世界が絶対ある!」と、見えない世界のことを日々探求するのが趣味になりました。

読書やガーデニングも好きです♡

はっぴぃママをフォローする
冬の自然
はっぴぃママをフォローする
人生みなハッピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました