風水・占い

風水・占い

開運風水や的中率の高いマヤ暦占い六星占術や前世についても

風水や占い、チャネリングなどに興味はありますか? 特に女性には、感心のある人が多いのではないでしょうか。 占い師やチャネラー、霊能者と呼ばれる人たちは、その能力や得意分野、特徴も様々で、その人自身の人格や霊性によって、伝えられる言葉や結果も違います。 的確なアドバイスや結果は、心強い安心感や力強く背中を押してくれる勇気となり、その後の人生に大いに生かしていくことができます。 自分に合う人や、自分自身がしっくりくる情報を、意識的にしっかりと選んで、これからの自分に生かしていきたいですね。 こちらには、風水や占いなどに関する情報を、簡単にまとめてみました。 気になる内容がありましたら、関連記事から詳しく読んで、ぜひ参考にしてみてくださいね!
風水・占い

家計簿のおすすめは金運アップ風水家計ノート!金運封筒付き

皆さん家計簿はつけていますか? 最近は便利な家計簿のアプリもあるので、もしかしたら手軽で便利なアプリを使っている方も多いかもしれませんね。 でもスマホ操作やアプリは苦手という方や「家計簿はやっぱり手書きがいい!」という方もいますよね。 そんな方におすすめなのが、女性に大人気の風水師、李家幽竹さんの『李家幽竹の金運に強くなる!風水家計ノート2020 毎日が開運日になる!』です。 私も何年も使っていましたが、特に風水や開運などに興味がある方には、かなりおすすめです! なぜかというとお値段は比較的お安いのに、中身の情報量が驚くほどとても豊富だからです。 家計簿なのに、風水の本を買ったかのようなお得感! 「2020年こそ金運アップをしたい!」という方におすすめの、風水師、李家幽竹さんの「風水家計ノート」についてお伝えしていきたいと思います。
風水・占い

マヤ暦占いで性格や適職がズバリ分かる?黄色い戦士の私の場合

マヤ暦占いってご存じですか? 占いには数秘術や六星占術など様々なものがありますが、このマヤ暦占いは、その人の性格や特性がズバリ分かると評判です。 私の周りでも夢中になっている人が多いので、みんなのを検証してみると、本当にズバリその人の特徴を表しているので驚きます。 今回は、「マヤ暦占いでみるとこんなふうに分かりますよ」という一例として、私の場合の「黄色い戦士」についてお伝えしてみたいと思います。
風水・占い

古代マヤ人のマヤ暦占いは当たる?みんな知ってるマヤ暦占とは

古代マヤ人たちのマヤ文明は今では知っている、聞いたことがある、という人も随分多くなりましたよね。 そのマヤ文明で使われていたのがマヤ暦です。 私は最近で会う人たちが、みんなマヤ暦占いを知っていて、その話題で盛り上がっていることが多くなりました。 私だけよく分からないこのマヤ暦占い。 マヤ暦占いでは、この占い特有の言葉がたくさんあるので、私はちんぷんかんぷんです。 そこでマヤ暦占いについて、調べてみました。
風水・占い

温泉で開運風水、年末は5つのエネルギーを取り入れ運の底上げ

女性は特に風水に興味がある人も多いですよね。 私も前はよく風水の本を何冊も読んでいましたし、家計簿は風水師・李家幽竹さんの風水家計ノートを使っていたりしました。 その後、ご縁があって出会った風水師の先生から私も風水の講座を受けたりしました。 風水は奥が深く、しっかり実践すればもちろん効果があります。 その風水の中で、温泉も開運行動だと言われているのはご存じでしたか? 我が家は年末には温泉に行くのが毎年の恒例行事になっています。 風水で言われる温泉の効果についてなど、我が家の場合を参考までにいろいろ交えながら、お伝えしていきたいと思います。
風水・占い

細木かおりが六星占術の後継者。結婚はしてる?個人鑑定料金は?

本屋さんに行くと来年の六星占術の本が並んでいるのを見かけるようになりました。 その表紙には大きく細木かおりさんの姿があります。 「ズバリ言うわよ!」のテレビ番組で有名になった細木数子さんの六星占術を、この細木かおりさんが後継者として引き継ぐようです。 細木かおりさんとは一体どのような方なのでしょうか? 結婚はしているのでしょうか? また、個人鑑定を受けるには料金はいくらかかるのでしょう? 六星占術の後継者、細木かおりさんについて調べてみました。
風水・占い

自分の前世を知るにはどんな方法?記憶を思い出す方法と知る意味とは?

生まれ変わりはあると思いますか? あると思っている方は自分の前世ってなんだろう?と興味がありますよね。 私はいくつか自分の過去世を知っています。 自分の前世を知るにはどんな方法があるのでしょうか? また自分で前世の記憶を思い出す方法はあるのでしょうか? そもそも前世を知ってどうするの? 前世を知る意味についても考えてみたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました