冷え性にレッグウォーマーは効果ある?寝るときも使っていい?

寒そうな女性 女性の悩み

寒い季節は冷え性の方にとっては、とてもきびしい季節ですよね。

特に女性には、寒がりや冷え性の人が多いので、本当に切実です。

昔から「冷えは万病の元」と言いますが、体温は健康に直結するため、なんとか対策をしていきたいですね。

そんな時におすすのアイテムと、その選び方についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

冷えは免疫力を下げる万病の元

心配そうな女性

体の冷えは「ただ冷えているだけ」「たかが冷え」と思われがちですが、昔から言われるように冷えは万病の元です。

特に東洋医学には、「冷えは病気の原因である」という考え方があります。

体が冷えていると、体の中には本来不要であるはずの老廃物が溜まります。

冷えによって血管が収縮すると、血流が悪くなり、代謝も悪くなります。

血液の循環が滞ることで、疲労物質もなかなか排出されなくなります。

お尻や太ももといった下半身に老廃物が蓄積されると、「セルライト」というかたまりになることもあり、肥満や生活習慣病の原因にもなります。

それだけではなく、体温が低くなることによって、免疫力が低下します。

疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなったりします。

免疫力が低下した状態が続くと、自律神経を乱し、手足の冷えやほてり、頭痛、めまい、腰痛、便秘、アレルギーや慢性疾患など、体の様々な不調につながる可能性もあります。

また、がん患者は皆からだが冷えています。

免疫力が低下するということは、様々な病気にかかりやすくなるということです。

多くの病気の根源には、実はこの冷えがあるのです。

そんな時、手軽に体を温めることができるものがあります。

それがレッグウォーマーです。

次から、なぜレッグウォーマーが健康管理に有効なのかということについてお伝えしていきます。

冷え性にレッグウォーマーは効果的

冷えが万病の元だということは、お分かりいただけましたか?

体を温かく維持することが、基本的な健康管理の大切な方法になります。

その時に手軽にできるのが、レッグウォーマーを使った体温維持です。

「頭寒足熱」という言葉があるように、下半身を温めることが健康にいいということは昔から言われていますが、特にふくらはぎを温めることが非常に効果的です。

足首には体の冷えに効くツボや、体の不調の原因と言われている、自律神経のツボが集中しています。

そのツボが集まっているふくらはぎを、レッグウォーマーを使って温めることで、より効果的に短時間で冷えや血行不良を改善し、自律神経のバランスを整えることができます。

スポンサーリンク

また、ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれており、全身の血流に関わっている大切な場所で、滞りやすいと言われる血液やリンパ液等の体液を、心臓に戻すポンプの働きを持ちます。

心臓には下半身の血液を引き上げる力はないため、ふくらはぎがそれを担っているのです。

ふくらはぎを温めることでポンプの機能が上がり、心臓へ戻る血液の流れがより良くなるので、ふくらはぎの役割は非常に重要といえるのです。

その結果、全身の血液循環やリンパ等の体液の循環が改善され、免疫力のアップ、動脈硬化の予防、婦人科系疾患(月経不順、月経痛、子宮筋腫、不育症)むくみの解消や高血圧、ダイエット、美肌効果等の様々な効果が期待できます。

反対にふくらはぎが冷えると、身体全体が冷えると言われています。

重力によって、下半身には全身の約70%の血液が集まっていることから、ふくらはぎが冷えると心臓へ戻る血液も冷えてしまい体が冷えていると感じるのです。

レッグウォーマーを使って効果的にふくらはぎを温めることによって、体全体も温まり、様々な健康維持に役立てることができます。

寝るときもレッグウォーマーは効果がある?

雪

夜に足元が冷えてなかなか寝つくことができないという経験は、寒い冬にはきっと誰にでも一度はありますよね。

そんな時にも、レッグウォーマーは効果を発揮します。

「靴下じゃだめなの?」と思う方もいるかもしれません。

多くの場合靴下は、歩く時に下にずり落ちないように、口の部分のゴムで足を締めつけるようになっています。

脱いだ時に、ゴムの跡がつくこともありますよね。

歩いているときは歩行によって血液循環が促されていますが、寝ている時は動かないため、足の血行が悪くなってしまいます。

そのために温めるどころか、かえって寒さを感じてしまいます。

また、人間は寝ている時も体温を調節するために、足の裏から多量の汗をかきます。

靴下だと体温調節がうまくできません。

また汗をかくことで靴下が湿り、つま先を覆っているため放湿性が悪く、かえって足元が冷たくなってしまいます。

そのため靴下を履いても、寒さ対策にはならないことがあります。

レッグウォーマーなら足首を優しく包んで温めるので、効果が期待できます。

もし、どうしても靴下を履いて寝たいという時は生地が薄く、口のゴムがゆるめのものを使用してください。

放湿性のあるシルクの生地がおすすめです。

私も足が冷えて眠れない時には、ゆるめのレッグウォーマーをしますが、どんなに冷えていてもやがて足や体がポカポカになり、途中で脱いでしまうほどで、とても効果を実感しています。

まとめ

オフィスや台所などで、冷えに悩む方は、まずレッグウォーマーを試してみましょう。

また、ふくらはぎを温めることは、妊活としてもおすすめです。

レッグウォーマーで効果的にふくらはぎを温めて、寒い冬を健康的に過ごしましょう。

スポンサーリンク
はっぴぃママ

子どもが大好きな保育士ママです♪

プロセラピストとして、心理学も学んでいます。

小さい頃から、不思議なことが当たり前に起こるような、家庭環境で育ちました。

そのため「目には見えない世界が絶対ある!」と、見えない世界のことを日々探求するのが趣味になりました。

読書やガーデニングも好きです♡

はっぴぃママをフォローする
女性の悩み
はっぴぃママをフォローする
人生みなハッピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました