スポーツの秋と言われるのはなぜ?運動会が春に多くなった理由は?

運動会 秋の年中行事

「○○の秋と言えば何?」と聞かれたら「スポーツの秋」と答える方も多いのではないでしょうか?

以前であれば、運動会と言えば秋に開催される代表的な行事でした。

しかし最近では、春に開催する学校がとても多くなってきています。

「スポーツの秋」と言われるのに、運動会が春に行われるようになってきたのは、一体なぜなのでしょうか?

スポンサーリンク

<その他の秋の年中行事はこちら>
秋の年中行事や日本の風習、お月見や紅葉狩り敬老の日ハロウィンも

スポーツの秋と言われるのはなぜ?

ススキ

秋には体育の日があります。

以前はこの体育の日は、毎年10月10日に、日にちが決められていました。

その後、ハッピーマンデー制度の導入によって、現在は10月の第2月曜日に変更になったため、その年によって日にちが違います。

ハッピーマンデーについてはこちらからご覧いただけます。

この体育の日ですが、そもそもつくられたきっかけは何なのでしょうか?

1964年に開催された、東京オリンピックの開会式が行われたのがこの10日10日で、東京オリンピックを記念して制定されたのが「体育の日」です。

日本の晴れる確率がもっとも高い日が、10月10日ということで、この日が開会式の日に選ばれました。

太陽

国民がスポーツに親しみ、健康な心身を培うようにという願いが込められています。

そしてこの体育の日の前後に、スポーツに関するイベントや運動会が多く開催されるようになりました。

スポーツの秋のイメージは、ここから広まっていったのですね。

運動会がなぜ秋から春に?

ランドセルと秋の紅葉

昔は秋に開催されることが当たり前だった運動会ですが、最近では秋ではなく、春に開催される学校が多くなってきています。

私の子供たちが通う小学校でも春に行われていますし、職場のある市町村の小学校でもそうです。

ではなぜ秋ではなく、春に運動会を開催する学校が、こんなにも増えてきているのでしょうか?

それには様々な理由がありました。

天候や熱中症対策

帽子と水筒

9月から10月は、まだまだ残暑が厳しい地域もあります。

組み体操など団体競技になると、練習も夏の暑い時期から始めなくてはなりません。

スポンサーリンク

秋の運動会の場合、練習や運動会の最中に熱中症によって救急搬送される事故が相次いで発生し、気候的に熱中症の心配がない「春」が適していると考えられるようになりました。

私は保育士をしていますが、勤務していた保育園は、9月の秋に開催していました。

年長児の団体競技では外が暑すぎたり、8月中は夏休み中の小学生の兄姉と一緒に園を休む子も多いため、練習が思うように進められず、苦労することも多かったです。

子供の熱中症は、年齢が小さいほど周りの大人が十分に注意してあげないといけないですからね。

また、秋は台風や豪雨などによって天候が崩れがちですが、春は比較的穏やかな天候の日が多いといったことも理由にあります。

クラスのつながりを深める

運動会

春に開催されることが多くなったのは、新しいクラスの親睦やつながりを深めるという理由もあります。

春は新学期の季節なので、新しいクラスの中で子供たちは人間関係を築き、担任もクラス作りをしていくことになります。

団体競技の練習もある運動会は、たくさんの友達を関わる良い機会になります

春の運動会をきっかけに、クラスの子供たちの交流が深められるというねらいがあります。

行事の分散化

私が小学生の頃は、土曜日も授業があり学校に登校していましたが、その後週6日の授業制度から、週5日の授業制度になりましたよね。

授業時間の確保が難しい上に、秋には学習発表会、文化祭、合唱コンクール、遠足などといった行事がたくさんあります。

学校行事が重なるのを避けるために、運動会を、秋から春に移す学校もあります。

私の周りの春開催の運動会を見ると、秋にしていた頃よりも、より少ない練習量で楽しんでできるような内容を、その学年ごとに工夫しているように見えます。

実際に新学期すぐの5月開催の運動会では、そんなに多くの時間を運動会の練習には当てられないですよね。

学校の先生たちの負担を考えても、春開催は効率の良いことなのかなと思います。

受験対策

中学受験、高校受験を控えている場合、秋は受験勉強に力を入れていきたい時期でもあります。

春の運動会の方が、余裕を持って行事に取り組むことができます。

実際に運動会よりも勉強を優先させたいと思う学校や保護者も多く、その理由のために春に行う学校も多いと言われています。

また、2004年度から2学期制を導入したことによって、2学期制では前期が4~10月なので、秋に運動会を開くと試験の時期に重なるということもあります。

グラウンド状況

白線

学校の補修・改修工事は、長い夏休み期間を使って行われる場合が多くあります。

その延長で校庭やグラウンドなどが使えず、練習や運動会の開催自体が出来ない場合も多いので、春ならそのようなことを避けることができます。

まとめ

自分たちが子供だった頃は、秋の開催が当たり前だった運動会ですが、時代と共に教育現場の当たり前もどんどん変化していくのですね。

これからも子どもたちのために、より良い方法を選択していってほしいですね。

スポンサーリンク
はっぴぃママ

子どもが大好きな保育士ママです♪

プロセラピストとして、心理学も学んでいます。

小さい頃から、不思議なことが当たり前に起こるような、家庭環境で育ちました。

そのため「目には見えない世界が絶対ある!」と、見えない世界のことを日々探求するのが趣味になりました。

読書やガーデニングも好きです♡

はっぴぃママをフォローする
秋の年中行事
はっぴぃママをフォローする
人生みなハッピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました