お中元お歳暮を送る意味は?誰にいつまでに送る?

風呂敷で包んだ贈り物 冬の年中行事

お中元やお歳暮の時期になると、お店では特設コーナーが設けられていたり、テレビでも盛んにCMが流れますね。

若い方や独身の方にはあまりなじみの無い風習かもしれませんが、お中元やお歳暮を送る意味についてはご存じですか?

お中元やお歳暮は、誰にいつまでに送るものなのでしょう?

日本の風習の、お中元やお歳暮についてお伝えします。

スポンサーリンク

<その他の冬の年中行事はこちら>
冬の年中行事や日本の風習、年末詣や冬至、お歳暮や喪中はがきも

お中元やお歳暮を送る意味は?

お中元

お中元は、お世話になった方や目上の方に、半年間の感謝を込めて品物を贈る、夏のご挨拶です。

元々は中国の風習で、中国では1月15日、7月15日、10月15日をそれぞれ上元・中元・下元と呼びます。

厄を払う日として重要視されていて、中元とは旧暦の7月15日のことです。

お歳暮も感謝を伝えるためのものですが、お中元が半年間のお礼であることに対して、お歳暮は1年の最後の締めくくりに感謝の気持ちとして贈るものです。

お中元とお歳暮は両方贈ることが一般的ですが、必ずしも両方贈らなければいけないわけではありません。

両方を贈る場合は、お中元よりもお歳暮の方が2~3割ほど高くなるように品物を選ぶのがマナーです。

予算の都合などで両方を贈るのが難しいような場合は、一年間の感謝の気持ちを表すお歳暮の方を贈りましょう。

お中元やお歳暮は誰に送るもの?

お中元やお歳暮は、昔は家族や親戚だけの間でやりとりがされていました。

なぜその範囲が広がったのかについては、明治時代にデパートが夏の大売り出しをしたのが発端とも言われています。

現在のお歳暮やお中元の贈り先としては、お世話になった方ということで、主に目上の方が多いでしょう。

社長や上司、企業の場合は、取引先の会社、私立幼稚園や習い事の先生、恩師など、そして両親、義理の両親、その他親戚関係、このような相手の場合が多いです。

スポンサーリンク

最近では「贈答品は一切受け取りません」とする人や企業も増えてきています。

結婚すると、両家の親に送るかどうかで悩む方が、とても多いです。

お中元やお歳暮は基本的には、一度送ったらずっと送り続けるものになるので、慎重に決めたいものです。

また、母の日、父の日、敬老の日、誕生日などもあるので、お歳暮やお中元も加わるとかなりの頻度になります。

両家で価値観が異なる場合が多いので、親の性格やそれぞれの家の考え方に合わせて決めていく方が、後々の付き合いがスムーズになるでしょう。

いつまでに送る?

帽子

お中元は、地域や地方によって時期に差がありますが、基本的には7月初旬から8月中旬までとされています。

夏本番の時期なので、夏を快適に過ごすための品物や、日持ちするものが人気です。

たとえばビールやゼリー、アイスクリーム、メロンやスイカなどの果物、そうめんなどが贈られることが多いです。

ナンテン

お歳暮もお中元同様、地域によって差がありますが、12月10日~20日頃がお歳暮シーズンとされています。

年末年始は家族や親戚が集う時期なので、家族みんなで楽しめる物や、お正月の料理に使える食材が喜ばれます。

ハムやソーセージ、鍋セット・海鮮・お菓子・お酒などは、お歳暮として選ばれやすい品物です。

送り先の地域の習慣に合わせて贈るのがマナーなので、時期を間違えないように気をつけましょう。

まとめ

お中元やお歳暮は、日頃の感謝の気持ちを伝えるためのものです。

マナーを守りながら、相手の好みに合った品物を贈り、ぜひ喜んでもらいたいものですね。

スポンサーリンク
はっぴぃママ

子どもが大好きな保育士ママです♪

プロセラピストとして、心理学も学んでいます。

小さい頃から、不思議なことが当たり前に起こるような、家庭環境で育ちました。

そのため「目には見えない世界が絶対ある!」と、見えない世界のことを日々探求するのが趣味になりました。

読書やガーデニングも好きです♡

はっぴぃママをフォローする
冬の年中行事
はっぴぃママをフォローする
人生みなハッピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました